腰痛の種類

ひとくちに腰痛といっても沢山の種類があります。

皆さんが抱えている腰痛はどの様なタイプでしょうか?

整体ではどのような見方をするのか…

いくつかの例を見てみましょう。

腰を前に倒すと痛い場合

この場合は身体の前側にあって縦に伸びている筋肉が原因で腰痛を出すことが多いです。

具体的な名称でいうと

・腹直筋

・内外腹斜筋

・腸腰筋

・大腿四頭筋 等・・・

これらの影響を受けていることが考えられます。

これらが凝り固まると前に身体を曲げる際、

つっかえ棒の様な役割を果たすため腰が曲げ難くなり腰痛の原因となります。

腰痛の原因になる筋肉

以上のことから

らくらく堂戸田公園整体院ではこのような場合は腰ではなくお腹や足を重点的に施術していきます。

また、多くのぎっくり腰にも有効な施術方法となります。

腰を反ると痛い場合

この場合は腰側から縦に伸びている筋肉が原因で痛みを出している可能性が高いです。

具体名を挙げると

・広背筋

・脊柱起立筋群

・大殿筋

・中殿筋 

・ハムストリング 等・・・

前に倒すと痛い時と同様に

これらが凝り固まると背中を反る動作の際につっかえ棒の様な役割を果たすことになり、

痛みを出すことが多くなります。

また、背骨(腰椎、胸椎)の動きもポイントとなることが多いです。

腰痛の原因となる筋肉

らくらく堂戸田公園整体院では、このような場合、

皆さんがイメージしているうつ伏せでの施術と、広背筋の捻じれの原因をつくる、腕回りの施術を行っていきます。

また、必要に応じて、背骨の動きを矯正致します。

腰を横に倒すと痛い場合

一番の原因は腰を横に倒すときに使う深部筋である腰方形筋が固いこと

腰より少し上の背中が痛い場合は広背筋が関係している可能性が高いです。

また方が上がりにくい場合も影響を受けることが多いため肩こりが原因となることも少なくありません。

らくらく堂戸田公園整体院では、このような場合は上半身を中心とした施術を行い、

身体の伸びを取り戻すようにしていきます。

一度施術を受けると、体の柔軟性の重要さを実感できると思います。

腰を捻ると痛い場合

内外腹斜筋や腹横筋等の腰を捻る動作に必要な筋肉が固まっている可能性が高いです。

また、背骨の動きが悪くなっている場合も影響を強く受けると考えられます。

らくらく堂戸田公園整体院では、このような場合はお腹側の施術と

必要によって背中の矯正を行っていきます。

この様に同じ腰痛でも動作ごとに別々の原因が考えられます。

実際には複数の原因が混じるっていることが多いのでここまで単純な話ではないのですが、

基本的な考え方はこの様になります。

腰痛は身体があげる腰へのSOSサインです。

健康的な身体を手に入れるためにも、ひどくなる前に対処していきましょう。

らくらく堂戸田公園整体院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。